菜花と菜の花の違い!|東京池袋 酸素カプセル&コラーゲンマシン&足つぼサロン 酸素屋さん

平日:11:00~21:00 / 土日祝:9:00~21:00

お電話でのご予約・お問い合わせは0120-918-966

東京池袋 酸素カプセル 酸素屋さん|菜花と菜の花の違い!

菜花と菜の花の違い!

今日は「菜花」と「菜の花」の違いについてご紹介していきます。

菜の花はアブラナ科アブラナ属の全ての花を指します。「菜の花」という特定の植物があるわけではなく、菜の花はアブラナ科アブラナ属の植物の総称です。

キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、ザーサイなどもアブラナ科アブラナ属なのでこれらの花は菜の花といえます。

このうち野菜として出回っているのが「菜花(なばな)」です。菜花は一般的にはアブラナの若い茎とつぼみを指します。この菜花を私たちは食べています!

菜花を「辛い」と感じる方も多いと思いますがこの辛味はイソチオシアネートという成分によるもので強い抗酸化作用があり免疫力を高め、がんを予防する効果も期待されています。菜花はビタミンCも豊富です。厚生労働省はビタミンC摂取の推奨量を1日100mg(15歳以上の男女)としていますが菜花は可食部100gあたり130mgも含まれているのです。ビタミンCにも抗酸化作用や免疫力アップの効果が期待できると言われてますさらには、血管を強化したり美肌を育成したりする効果も期待できます。

造血作用のある葉酸もたくさん含まれているので、貧血気味の人にもおすすめ!

菜花の基本的な食べ方はおひたしです!

これでも十分、栄養効果を期待できるのですがおすすめは「菜花の白あえ」です!豆腐にはタンパク質、コリン、レシチン、サポニン、イソフラボンなどの成分が豊富に含まれているので、栄養価はさらにアップします。

インフルエンザなどの感染症が気になるこの時季、冬から春が旬の菜花を健康維持に役立ててみてはどうでしょうか?

酸素屋さんクーポンはこちら
https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000149388/coupon/